偏差値を上げるために行う方がいい勉強とは

苦手科目を克服する事は必須条件ですが、簡単には行かずその方法は様々です。また、方法論としては理解出来たとしても、実際に行動を起こすとなるとなかなか難しいものです。まずは基礎学力がしっかりと身に付いているのかどうか、確認する事から始めましょう。基礎学力を高める事によって、応用問題にも対処する事が出来ますから、偏差値を上げる事が可能です。

中学受験の科目は国語・算数・理科が試験科目の基本です。しかし最近ではこれに社会を追加している中学校が増えてきており、ほとんどの上位難関校の入試科目が4教科となっています。それに伴い進学塾の多くが4教科制を採用しています。国語の基礎学力には、漢字の読み書きと高い読解力が求められます。これを高める為の効果的な方法は、本や新聞を読む事です。本や新聞の文章を読む事で漢字の読む力が上がり、読解力も上がれば算数の文章問題や、理科の応用問題にも対処出来ます。特に新聞記事からの時事問題等は、社会のテスト問題として良く用いられていますから、国語の学力アップと合わせて一挙両得の効果が得られますね。

なかなか偏差値を上げる事が出来ずに、悩んでいる受験生も多いと思います。「どうしたら一気にアップする事が出来るのか?」と、色々と勉強法を模索している方も、ここは一度基本に立ち返って、国語の基礎学力を高める事をお薦めします。