子供が勉強したくなる接し方

「子は親の鏡」と昔から言われて来ていますが、親が勉強嫌いなら、その子供も勉強するのが苦手な子が多くなるのではないでしょうか?ついつい「勉強しなさい!」とガミガミと強く言いがちですが、言われれば言われるほど、勉強する気が失せて行きます。やる気の無い状態で勉強をしても、なかなか頭の中には入らない事が多いでしょう。そこで子供の方から進んで勉強をする、親の接し方についてご紹介します。

子供が勉強したくなるには、どうすれば良いのか?それには、まず親が勉強する姿を見せる事です。小学校の教材と言っても、親自身が小学生の頃に較べると、現在は非常にレベルが上がっています。親が一日30分程でも良いですから、勉強している姿を見せましょう。その姿を見れば子供も一緒に勉強したくなり、子供と一緒に勉強する事で、自分の子供の教育レベルを把握する事が出来ます。一緒に勉強する事で、会話が増え、コミュニケーションを深める効果もあります。

子供が勉強したくなる気持ちに持たせるには、「これはどうして?」と、子供に聞いてみるのも一つの方法です。人は教わるより教える方が好きなものです。それは子供も同じで、その「教えてあげる」と言う気持ちを刺激すれば、色んな事に好奇心を持つ様になり、勉強する意欲が強くなります。親も一緒に勉強する気持ちで接する事が、重要なポイントとなります。