効果が出ない場合は塾を変えてみよう

中学受験を考えている人は、小学校の授業だけで対応するのは難しいです。中学受験に特化した学習塾に通ったり、家庭教師に現況を教わったりする必要があります。学習塾には大きく分けて集団塾と個別指導塾があります。塾に通う理由はもちろん、学力アップのためです。決して安くはない月謝を親は払っています。成績が上がれば、集団塾であっても個別指導塾であっても問題はありません。ただ、高い月謝を払っているにも関わらず成績が上がらなければ、困ったことになりますよね。

成績が上がらない理由として、子供に原因がある(勉強に対してやる気がない)のか、塾に原因があるのかをよく見極める必要があります。子供にやる気がなければ、いくら塾を変えても同じことの繰り返しになります。

子供の意思を確認した上で、やる気はあるが、塾に原因がある(子供との相性が悪いことも含めて)と考えられる場合には、迷うことなく塾を変えましょう。特に、個別指導塾の場合は、家庭教師同様マンツーマン形式の授業になるので、講師との相性もあります。その場合は、講師を変えてもらうという方法もあります。塾を変える場合には、評判や口コミで成果を上げている塾を選ぶことも大切ですが、勉強に対してのやる気が継続することが最優先となります。いくら評判が良い塾でも遠すぎて塾に通うのが嫌になると、勉強まで嫌いになる可能性もあります。