確実に偏差値を伸ばしてくれる家庭教師選びのコツ

家庭教師を選ぶ際には、専業の家庭教師と学生が行っている家庭教師のどちらが良いのでしょうか?この二パターン、実際どちらかがダメということは一切ありません。子供が自分の意志で受験をするというケースが数少ない中学受験の場合、置かれている環境が高校受験や大学受験と比べると少し状況が違います。まだ小さい子供のうちは、知らない人と二人だけという環境に慣れずに人見知りをする子供もいます。そのため子供が楽しく、勉強できる家庭教師を選ぶことが大切です。結果的に、年齢が若く、近所のお兄さんといった感覚で子どもがなじみやすい年齢の学生家庭教師を選ぶ人が多いのが現状です。

家庭教師を選ぶポイントを一つ挙げるとすれば、家庭教師が中学受験経験者であることが好ましいということです。理由は、単純に上手な教え方であったり、受験を成功した経験があるからということではありません。中学受験経験者は、中学受験の大変さを知っているからです。中学受験の苦労を知っている家庭教師とだったら一緒に頑張れるという子供もたくさんいます。もちろん、中学受験経験者でなくても、きちんと中学受験に導いてくれる家庭教師もいます。お子様との相性が良く、本気で教えてくれる人物であれば、学生の家庭教師でも大丈夫です。

中学受験対策で、選んではいけない家庭教師がいます。それは、我流で教える家庭教師です。中学受験には、それに特化した勉強法があります。教わる側の立場を考えるよりも、自分のポリシーを優先するような家庭教師は、中学受験に成功するとの観点だけで考えると失敗する可能性が高いと言えます。