受験勉強を始めるのに適したタイミング

「受験勉強を始めるのに適したタイミング」と言っても個々によって異なりますので、いつが最適であるかは一概には言えません。ただ、一般的な目安としてよく聞かれるのが「小学4年生から」です。

中学受験の対策というと、やはり塾通いが中心になります。「受験対策」=「塾通い」と言っても過言ではありません。ではいつ頃から塾に通うのが良いのでしょうか?「自分は、中学受験するのだ」という明確な目的や意志を持って塾に通い出すのは、4年生からというのが主流のようです。それよりも遅く通い出す場合の理由としては、「受験を決めた時期が遅かった」、「近くに受験に特化した塾がなかった」などです。受験対策を早めにスタートすることの大きなメリットとしては、「勉強する習慣が身につく」、「効率的な対策ができる」などがあります。

ではよく言われる、「受験対策を始めるのが遅くなると、中学受験に不利になる」というのは本当なのでしょうか。確かに「塾での勉強に追いつくのが大変」、「塾と学校でのレベルに格差があるので、試験順位が上がらない」などの苦労はあります。ただし、勉強に対しての意欲があれば、数か月通うとペースが詳しい内容を塾に確認してみるのも良いでしょう。子供の成長や性格に合わせて「4年生スタートが望ましい」という考え方の基本を持ちつつ、「子供の状況」や「志望校に求めること、レベル」、「塾での学習方針」を総合的に見据えて、開始時期、塾に通う時期を判断するのが望ましいです。中学受験は、子供にとっても親にとっても大仕事です。ベストなタイミングで、中学受験の準備を始めたいものです。