偏差値60以上でないと受験の合格は厳しいのか

偏差値というのは、平均点を取った時を50として計算していきます。テストで100点を取っても、全員が100点(=平均点が100点)を取っていたら偏差値は50です。ここで言う偏差値というのは、小学生全体の偏差値ではなく中学受験を考えている生徒の偏差値です。一般的には、中学受験を考えている生徒の方が中学受験を考えていない生徒の偏差値よりも高いです。なので、中学受験を考えている生徒のテストで偏差値50を取ることが出来れば、小学生全体で見れば偏差値は50以上という事になります。

そこで、偏差値60以上でないと合格は厳しいかという事になりますが、そんな事はありません。むしろ、偏差値が低い生徒の方が中学受験をするべきだと思います。公立中学校に入って苦労するよりも、中高一貫校でのびのびと学習した方がその生徒のためになるかも知れません。大学受験に関しても、私立中学の方が有利だと言えます。

偏差値が60近くあれば、多くの優れたカリキュラムで結果を残している中高一貫校から選択して入学する事が可能です。どの都道府県でも、偏差値が60近くあればかなりの選択肢があると思います。偏差値60以上でないと合格は厳しいのかという事に関しては、努力次第では可能性があると考えることが出来ます。可能性を信じて挑戦をすることで道は必ず開けます。