最終的に重要なのは子供の意思。絶対に押し付けないようにしよう

言うまでもなく日本では、中学校は義務教育です。特別な事情が無い限りは、子供は中学校に通います。中学受験をしない子供は、公立の中学校に受験することなしに入学することが出来ます。中には、中学受験をして中高一貫校等に通う子供もいます。

ここで重要になるのが、誰もが中学受験をする必要はないという事です。親は子供に期待を掛けて、受験させたいと思うこともあるでしょう。良い中高一貫校に入って、良い大学に入って、良い会社に就職して豊かな生活をさせたいという思いもあるでしょう。子供の将来を考えてという親の気持ちはもちろん分かりますが、子供にも選択権はあります。

子供が勉強熱心で、中学受験を希望しているのであれば中学受験をさせても構わないと思います。ただ、親の一方的な押し付けだけで中学受験をさせるのはいかがなものかと思います。塾に通っているからと言って、必ずしも中学受験をする必要はありません。子供によっては公立中学に通って、のびのびと部活と勉強を両立させて中学生活を送る子供もいます。一番大切なのは、子供が本当に中学受験をして中高一貫校に行きたいかということです。親の期待だけで、絶対に中学受験を押し付けてはいけません。子供の意思を、尊重するようにしましょう。